Créer mon blog M'identifier

寝不足にならないために

Le 9 janvier 2014, 09:57 dans Humeurs 0

ヒステリー球が軽減するにはたっぷりと 良い睡眠をとる事も良い と言われています 単純に睡眠時間を増やすだけで、ヒステリー球が無くなった!という話も耳にします 特に、頑張りすぎる?几帳面?憂鬱な気質がある方は意識して、睡眠時間を確保するようにしてみてください このヒステリー球が起こる喉付近は三叉神経《さんさしんけい》と呼ばれる神経統で支配されていますこの三叉神経はどのような役割をしてるかといいますと顔面?前頭部分の皮膚の感覚や咀嚼?嚥下運動に深く逆流性食道炎 薬 関与しています 眼?上顎?下顎などの神経の疲れ、三叉神経の疲れがストレスとして、喉のつまりを起こしている とすれば、良質な睡眠で三叉神経をゆるめて落ち着かす事でヒステリー球を軽減する事ができる、という理論です
さて、ヒステリー球と自律神経は密接な関係がありますまず、自律神経を知りコントロールしましょうどんなに健康に気をつけている人でも睡眠不足だと自律神経のバランスが崩れてしまいます。 睡眠不足で自律神経自律神経のバランスが崩れてしまい身体能力を低下させ、自分の力を発揮できなくなります。  睡眠不足は副交感神経の働きを低下させます。 自律神経は1日のリズムがあり夕方から夜にかけて副交感神経側に傾く傾向があります。  ところが、仕事や読書飲み会などで徹夜をするなど本来なら副交感神経に傾く時間帯に交感神経を刺激してしまうため 副交感神経に傾くタイミングを失ってしまいます。 この交感神経と副交感神経はシーソーのような関係と考えて下さい 交感神経に傾くと=興奮
副交感神経に傾くと=リラックスです  自律神経のバランスが崩れ、血流障害が起き、逆流性食道炎 治療 身体機能が低下していく。 これが、ヒステリー球をおこす原因にもつながるのです。    単に筋肉の働きを悪くするだけでなく、脳の活性も低下します。 寝不足の対策に『寝溜め』という言葉をよく聞きますが 前日までの寝不足を解消できても翌日以降のために睡眠はためることはできません。 寝不足にならないために、睡眠時間だけでなく、入眠(良質な眠り)そして睡眠周期(生活リズム)をしっかり作りましょう。最近妙に喉に違和感があります。 この前までは普通だったのですがある日突然しゃっくりが止まらなくなり、しゃっくりが、やんだ後に違和感が残ります。 普段のしゃっくりは飲み物を飲むと止まります。 ですがこの症状?がでてからは、飲み物+食べ物を食べないとしゃっくりが鳴りやみません。 止まった後も喉に違和感が残り、なんかむしゃくしゃします。
タバコを吸っているので、肺の病気かと疑いましたが、逆流性食道炎 再発 息をするときには何ら違和感はなく、多分食道に原因があるのかと思います。 この症状に心当たりがあるかたは教えてください。 そして、病気でないことを祈っています発表の場は、東京?中野サンプラザで行われたハロプロ新春ツアーの初日。 開演前の幕の前に立ち、つんくは昨年 10月下旬から喉に違和感を感じていたと告白。 声帯の筋肉の中に炎症があるとして、医師の診断では、手術で喉の中を調べないといけないと言われた。 2月か3月に手術を受ける予定として、その間の休業による、影響に危惧した。

胸焼けの症状に効果的なツボもありますので

Le 8 janvier 2014, 11:31 dans Humeurs 0

空腹時に起こる胸焼けの原因として考えられるものは、主にストレスによる体調不良や?嗜好品の過剰摂取?不摂生による胃酸の分泌過多?胃粘膜の荒れなどがあり、特に朝起きたときに胸焼けを感じる原因には、前日に飲んだアルコールが胃粘膜を直接刺激している可能性が考えられます。飲み過ぎなどの食生活の乱れや生活上のリズムの乱れは、胃の働きにも影響を与えます。必要ないときに胃酸の分泌が過多になってしまうのには理由があるからです。このような状態では、胃酸などが胃粘膜を荒らしてしまいます。胃粘膜修復、胃酸分泌抑制剤などで出すぎてしまった胃酸を中和し、胃粘膜への負担を減ら速やかにも良いですし、傷ついてしまった粘膜を修復する成分の入った胃薬を飲むのもよいでしょう。 食後に起こる胸焼けの原因として考えられるものは暴飲暴食やストレスによる胃酸の分泌過多?胃粘膜の荒れ?肥満による胃の圧迫?食後すぐに寝そべることで起こる胃液の逆流などが考えられます。食後、数時間たっても「食べたものが胃に残っている感じ」を伴う胸焼けが起きる場合は、胃の機能が低下していることが原因逆流性食道炎 再発 であることが多いようです。 健康な胃の場合、胃の中の食べものは2~3時間で消化されます。しかし、加齢や体調などの影響で、食べものを消化するのに必要な蠕動運動が弱ってしまうと食べたものの消化が進まず、なかなか十二指腸へ送られません。こうした場合、食べたものを消化するために胃酸がいつまでも分泌されることになり、その結果、胸焼けなどの不快症状が起こります。
胃運動機能改善(整胃)剤などで胃粘膜を守る粘液の分泌を促したり、粘膜を守って胃の蠕動運動を助ける効果のある薬で弱った胃を守って胃の健康を守りましょう。 胸焼けを起こしにくい健康な体になるためにも、まずは自分で出来る範囲で生活習慣の改善を試みることが一番ですが、過ごし方に気を付けるだけで症状が緩和されることもあります。例えば寝るときは上半身を少し高くすることで胃酸の逆流を防いだり、肥満傾向にある場合は、食事量を節制するなどして体型を健康な状態に維持すると胸焼けの予防になります。 また、食事内容は油物や香辛料の多い刺激物?熱いもの冷たいものを避け、消化の良い食べ物を心がけることで荒れてしまった胃の粘膜を回復させることができます。 そして胸焼けを解消する代表的な食べ物と言えば大根です。大根に多く含まれるジアスターゼと胃の働き いう消化酵素が胃の消化を助け、胸焼けの症状を解消してくれます。しかしジアスターゼは熱に弱く、煮物や焼くなどの熱加工をすると分解されてしまいます。すなわち擦りおろしやサラダといった生食での食事が必要となります。ただ、大根のおろし汁などを大量に飲むと刺激が強すぎてかえって吐き気をもよおしたり、逆に負担になる場合もありますので適度に美味しいと思う量を食事として食べるようにしましょう。
胸焼けがひどい場合には体が酸性に傾いていますので、肉食中心の食生活を避けて、酸味の少ない野菜や果物を摂るように心掛けると良いようです。人参?キャベツ?レタス?山芋?セロリ?白菜?桃?びわ?いちじく?豆腐?白身魚などが胸焼けを解消してくれると言われます。これらの食べ物は胸焼けを治すというよりは、胸焼けを起こしそうだなというときに、予防のために良いものという感覚の方が正しいかもしれません。 思うように野菜を摂る事ができないという人は、青汁を活用されると良いでしょう。胸焼けの症状に効果的なツボもありますので、気持ちいいと思う程度の刺激を与えたり温めたりするのも効果的です。ツボによって刺激の仕方に注意が必要なこともありますので、確認しながら刺激しましょう。 両鎖骨の上縁にあるくぼみに位置している気舎(きしゃ)というツボは、力を入れすぎると、反射的にむせ返ってしまうので注意が必要ですが、胸焼け以外にも喉の痛みや咳や痰が辛い時、吐き気や嘔吐や悪阻にも効果が期待できるツボです。
また、体の中心でみぞおちの少し下、指2本分ほど下に位置している巨闕(こけつ)というツボは、fukashi 胃の働きを活性化させるツボです。胸焼け以外にも肩こりや首の痛み、頭痛にも効果が期待できます。力を入れすぎて強く押すと胃や食道を圧迫し、かえって逆効果ですので注意して下さい。 お腹の中心という意味から名付けられた、中かん(ちゅうかん)という、みぞおちとヘソの中間に位置しているツボは、整腸作用のあるツボで胃もたれや、お腹の調子が悪い時にも効果的です。こちらも強く押すと逆効果ですので、息を吐きながらゆっくりと押すようにすると良いです。

このままでは人生が台無しになるとやっと決意

Le 18 décembre 2013, 07:16 dans Humeurs 0

そう、逆流性食道炎の薬と言えばタケプロンですよね。私も飲んだことありますし、かなり有名で効果もあるといわれています。ただ、こういった薬でもあくまで薬は薬です。いい所、悪い所はしっかりと把握しておかないといけません。 タケプロンは簡単に言うと、プロトンポンプというしくみを抑制してくれます。これによって、胃酸を抑制してくれるんですね。この働きが効果的だといわれ、多くの逆食の患者さんが利用しています。逆流性食道炎の薬の中でも、軽い方の薬ではあるんですけどね。 ただ、そういったものでも、多くの副作用を持っています。皮膚のかゆみ、発疹などの過敏症状や胃腸障害、頭痛、ねむ気などが起こります。 私はどうだったかと言うと、皮膚のかゆみやねむ気はしょっちゅう。頭痛もそこそこの頻度で起こっていましたね。どんなにいい薬と言われていても、副作用は必ずあるんです。 だから、このサイトでも何度も言っているんですが。友達が、食道がん 「最近胸やけしてる感じするんだよね」と。病院いくようにすすめてみたんだけど、近いうちに職場の健康診断があるからその時みてもらうとのこと。 そしてその健診が数日前にあったらしく、昨日私に事後報告にきた。「まだ確定じゃないんだけど、逆流性食道炎の疑いがあるって言われた」と。胸焼けのほかにも喉がいたいとか、声が変だとか、胸が苦しい感じがするだとか。
風邪かなあ、疲れてるのかなあと思っていたそれらの症状も全て逆流性食道炎の症状の可能性があると言われたらしい。とりあえず、健診の総合結果を待ってから治療を考えましょうと言われたと。いやいや‥。まさかのまさかでした。 こんな身近に逆流性食道炎の治療を受けなきゃいけなくなるかもな人がいるなんて。身体に不調感じたら、早めに病院に行かないとだめなんだね。気をつけよう。逆流性食道炎にかかりやすい方には、ある特徴があります。ここではその特徴について分かりやすく解説していますので、参考にしていただければと思います。まずは脂肪分が多く含まれた食事をよく食べる方です。脂肪分を多量に摂取すると、胃に強い刺激が与えられて、過剰に胃酸が分泌されます。胃酸が過剰に分泌されると、食道に逆流してしまう場合が多々ありますので注意しましょう。 また、アルコールや刺激の強い香辛料、タバコなども過剰な胃酸分泌を促進しますので、胃に不快感を感じているときは控えたほうが賢明でしょう。次に、ストレスが溜まりやすい方も逆流性食道炎にかかりやすいです。
過度なストレスは胃に負担を与えます。ストレスで胃に穴が開いた、とよく話す方もいらっしゃいますが、これは胃酸が過剰分泌されて、胃壁にダメージを与えてしまったためです。もちろん胃酸は食道へも逆流しますので、炎症の原因にもなります。fukashi 肥満の方や妊娠されている方、姿勢が悪い方も逆流性食道炎にかかりやすいとされています。肥満の方や妊娠されている方に共通しているのが、腹部の脂肪です。腹部の脂肪は多ければ多いほど、胃を圧迫します。 圧迫された胃は胃酸を押し出し、逆流を引き起こして食道へ流れてしまうのです。妊娠されている方は食事バランスを変えるしかありませんが、肥満の方はダイエットしたほうが良いでしょう。
姿勢が悪い方、つまり背中が曲がっている方も胃を腹部が圧迫してしまいますので、注意が必要です。厳しく個人を束縛する会社に勤めて20年。流石に結婚もしたいし、このままでは人生が台無しになるとやっと決意し自主退職。新たな人生を迎え、全く違う環境で生活を始めたのは今から5年程前の事です。 当時は独身のアラフォー女にとってお酒もたばこも必需品。自由な時間と趣味やら恋愛やらを楽しく過ごしていました。しかし、この頃からある身体の症状がとても気になっていました。 それは首と胸の付け根の喉の奥にじんわり胃酸が広がるような熱い胸焼けのような症状と締め付けられるような胸の痛み。普段は問題ないのですが自宅に帰り夕食をすませ、のんびりくつろぐ時にたまにそれは起こりました。 もう一つ気になるのは誤嚥。食べ物や飲み物を別に慌てて口にしているつもりはないのですが、とにかく誤嚥で咽るのです。飲み会などでも思いっきり咽てビールを口から吐き出して「○○ちゃんドジっ子!」と、趣味仲間に爆笑された事もありました。 でも、これらの症状は長く続く事は無く、1時間も経つと治まり、頻度も3ヶ月に1回起こるかどうか程度だったので特に気にもしていませんでした。http://fukashi.jp/byouki/

Voir la suite ≫